アクセラハイブリッドを発売した理由

MENU

アクセラハイブリッドを発売した理由

アクセラシリーズの中で移植を放っているモデルがこのアクセラハイブリッドです。

 

今までマツダはハイブリッドシステムに目もくれずSKYACTIVテクノロジーなどのようなエンジンだけの低燃費技術を一生懸命開発しそれを実用化してきており、世の中ハイブリッドだ、燃料電池だなどといっている中、どこも電気モーターに逃げてしまうのにこのマツダだけはエンジンだけで頑張ってきたのです。

 

そんな中、突然発売されたのがアクセラハイブリッド、いつハイブリッドシステムなど開発していたのか?という疑問が生まれたので、いろいろ調べてみると結果的にはマツダオリジナルのものではなく、トヨタのプリウスのものを流用しただけだったようです。

 

アクセラハイブリッドには2リッターエンジンが搭載されており、パワー的にはプリウスの1.8リッターエンジンよりも優れたものを持っているはずなのですが、プリウスのハイブリッドシステムに合わせるためにわざわざプリウスのエンジンと同じパワースペックまでデチューンし、更に出力特性までそっくりそのまま同じものとしたのです。

 

それによってコストをかけずにプリウスのハイブリッドシステムをそっくり乗せ換えることができたのです。

 

排気量が違い、エンジン設計も全く違うエンジンなのに、デチューンとは全く同じ特性・スペックを持たせることは非常に難しいはずなのですが、それをやってのけたマツダの技術力をもってすれば、トヨタに頼らなくてももっといいエンジンができなのではないかと思ってしまいます。

 

マツダ曰く、ハイブリッド信者を取り込むためということらしいのですが、ハイブリッドという言葉が付けば何でも売れてしまう時代とトヨタの技術に少し甘えてしまったのだと思います。

 

アクセラハイブリッドはセダンモデルだけに作られたものでスポーツにはありません。

 

グレードも装備違いの3つのものがあるだけで、消極的な部分が見えるのですが、それでもハイブリッドシステムに手を出してしまったことはマツダにとっては不覚でしょう。

 

燃費としてはやはりハイブリッドモデルですから30.8km/Lといいわけですが、だからといって安易にハイブリッドモデルを導入してしまうというのもどうかと思います。